おまとめローン通りやすい 審査 銀行系 消費者金融

おまとめローン 通りやすい

  1. 返済まみれの人生に飽きた人へ!本気で完済したいのならおまとめローン!
  2. おまとめローンは借りやすいのでしょうか
  3. 多重債務の解消におまとめローンがあるということ
  4. 是が非でもおまとめローンにする必要性がある
  5. おまとめローンはカードローンよりも借りやすい

 

返済まみれの人生に飽きた人へ!本気で完済したいのならおまとめローン!

おまとめローンというのを聞いたことのある人は多いでしょう。というよりもここを読んでいる人の多くは何らかの借金を抱えている人が多いのではないでしょうか。しかも複数の借入れのある人も少なくないでしょう。複数の借入れというと3つ以上ある人は多重債務者と呼ばれます。なんとなく大変そうな言葉ですが、普通の世帯であれば住宅ローンなどを抱えている人は多いでしょう。たいていの場合ですが、住宅ローンは債務と言われないのです。クレジットカードでもいいのですが、申し込みするときに他社からの借入れの有無や借入残高を書く欄があると思います。正直に書かなくてはいけないのですが、住宅ローンは除くという但し書きもあるでしょう。実際には住宅ローンというのは債務にカウントしないのが通例となっているのです。住宅ローンの残高を入れるとそれだけで数千万円ということになりますから、書く方もいやですし、金融機関や貸金業者のほうも住宅ローンはいいやということになるのでしょう。実際に融資の申込みの際の金額というのは100万円くらいがせいぜいですから、住宅ローンの債務残高と比べても桁が違うことが多いですから、住宅ローンを債務の中に入れてもそれほど意味がないということになります。住宅ローンは貸付けとしてもお金の出所が違うということもあるのですが、ここでは本論ではないので住宅ローンについてはここまでにしておきます。

 

前置きが長くなりましたが、おまとめローンの話です。金融機関によっては借り換えローンなどとも呼ばれています。現在はおまとめローンの人気というか評価が高まっていますね。ということはそれだけ多重債務に陥っている人が多いということの裏返しということになります。おまとめローンの趣旨は多重債務の一本化です。いまさら説明するまでもないのですが、多重債務というのは返済が大変です。全て同じ返済日で同じ口座からの引き落としならまだいいのですが、そういうわけにもいかず、たいていの場合は返済日も違うし引き落とし口座も違うということが多いのです。そうなると全ての口座に引き落とし日までにお金を入れておかなければいけません。給与振込口座でしたら、あらためて預け入れとか振込みということをしなくてもいいので楽なのですが、他の口座となると自分で預け入れをしなくてはいけません。場合によっては振り込みをしなくてはいけない場合もあるでしょう。ネット銀行などでは預け入れをしただけでも手数料がかかります。振り込みや預け入れをする手間もかかりますし、手数料まで取られてしまうと一回の手数料が振り込みや預け入れを含めて500円とすると、年間で6000円もかかってしまうことになります。これだとちょっと昼食なら1週間分ですし、豪華な夕食代かちょっとした飲み代になりますからバカにはできません。

 

いずれにしても、多重債務となると返済にかかる労力がかなりのものになるということを覚えておきましょう。また、多重債務に至った経緯も反省したほうがいいでしょう。誰もが借金はしたくないはずですし、できれば早く完済したいと思っているのです。しかし、思いとは逆方向にベクトルが向いてしまったのはどうしてなのかを考えなくてはいけません。そのときがよければいいというのが現在の状況になっているということを痛切に反省しなくてはいけないのです。優雅に返済していて何も問題がないというのでしたら、ここを見ている人もいないことでしょう。多くの多重債務者は毎月返済日が近づくと憂鬱な気分になることだと思います。そして、今月はなんとかなったけど来月はわからない…という毎月が自転車操業のような人も多いでしょう。そのような多重債務に苦しんでいる人の救世主的存在なのがおまとめローンなのです。 

 

おまとめローンは多くの金融機関や貸金業者が金融商品として売り出しています。金融機関では、東京スター銀行のおまとめローン推しが有名です。他にはイオン銀行、新生銀行、楽天銀行、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行などがおまとめローンを大々的に売り出しています。銀行などの金融機関がおまとめローンを売り出しているのは心強いところです。というのも、多重債務を一本化するということは、そのときの全債務を全て完済しなくてはいけないということです。場合によってはかなりの高額になることもあるでしょう。もっとも、おまとめローンでも融資限度額が設定されていますから、融資限度額に収まる債務残高でのおまとめローンとなることに注意が必要です。たとえば多重債務が800万円あるのに、おまとめローンの融資限度額が500万円でしたら、多重債務を解消できません。多重債務をなくして新たにおまとめローンの債務に一本化するのですから、おまとめローンで借りた額で多重債務が解消できなかったら意味がないのです。多重債務となると、毎月精神的にきついことでしょう。仕方のないことだといいながらかかるストレスは相当なものです。そういった状況を解消してくれるのがおまとめローンです。返済が一つになるので、一つの返済額は確実にあがりますが、返済する口座も当然のことながら一つになりますし、返済日も一種類だけです。精神的にも金銭的にも楽になること間違いなしのおまとめローンは多重債務者の救世主的存在とも言えるでしょう。

 

▲メニューに戻る

 

おまとめローンは借りやすいのでしょうか

おまとめローンにも当然ですが審査があります。審査に通るか通らないかは申込者の属性によるとしか言えません。一般的に銀行に融資を申し込んでも消費者金融会社で借りる以上に審査が厳しいというのは有名です。銀行としては申込者の返済能力を重視するからです。そういった意味では消費者金融会社のほうが借りやすいという事が言えます。また、銀行は多重債務者についてはさらに厳しいと言えます。カードローンなどの金融商品を売り出しているのですが、審査の厳しさは当然なのですが多重債務に陥っている人は申し込みを受けた時点で瞬時に断られることもあるかもしれません。もっとも、そういったことはなく普通に審査をしてくれるのですが、審査に通り憎いのは間違いないでしょう。それではおまとめローンはどういった位置づけなのかということが気になってきます。銀行も先述したようにおまとめローンを取り扱っているからです。カードローンやおまとめローンなどを利用するには申し込みが必要です。銀行も消費者金融会社もおまとめローンを取り扱っているのですが、おまとめローンという性質上融資金額も高額になります。そうなると金利ができるだけ低いほうがいいのは間違いありません。そうなると必然的に銀行の金利のほうが消費者金融会社のおまとめローンの金利よりも低いですから、銀行で借りたほうがいいということになるのです。おまとめローンの目的は債務の一本化にあるのは間違いないのですが、返済総額を少なくするメリットもあるのです。実際にはこちらのほうが目的という人も多いことでしょう。多重債務となるとその債務の内訳はすべて銀行からの借金ということではないでしょう。中には消費者金融会社のカードローンなどもあると思います。その金利は銀行金利よりも高いのが一般的ですから、それを考えても銀行のおまとめローンにしたほうが返済利息も下がり、結果として返済総額が少なくなるのです。

 

多重債務の総残高が高くなるとその傾向は顕著になるので、おまとめローンは金利が低いところから借りるのが鉄則です。多重債務を返済するということですから、普段は多重債務者には冷たい傾向のある銀行でもおまとめローンは借りやすいのでは?と考えてしまうことでしょう。実際にはどうなのでしょうか。審査の厳しさはそれほど変わらないようです。しかし、普通のカードローンなどとは違って多重債務があってもそれは不問とすることが多いようです。おまとめローンは多重債務の解消が目的ですから当然と言えば当然ですね。

 

▲メニューに戻る

 

多重債務の解消におまとめローンがあるということ

多重債務の解消がおまとめローンの目的ですから、いくらでも多重債務があっても審査に通るのかということですが、これはどうでしょうか…担当者談があります。『多重債務の件数にも限度があります」ということです。これはどういうことかというと、一般的な多重債務の件数は3件程度ということです。多くても5件くらいだそうです。一般的に考えても債務が6件以上もあるとそれは異常ということですね。そうなるとおまとめローンでも面倒みないよということだと言えます。そういった場合は、一つ一つ完済していくしかないのは当然でしょう。そうなるとそのような債務の件数が6件以上となるような人はとりあえず3件の債務をおまとめローンにしたいという人もいることでしょう。その場合はどうなのでしょうか。

 

この場合も審査NGです。まず多重債務が6件以上あるというのが致命的です。この場合のおまとめローンの借り入れは銀行では審査に通らないので貸金業者に頼ったほうがいいでしょう。実際に貸金業者でのおまとめローンの利用者は多いです。また、多重債務の場合において気をつけなくてはいけないのが滞納です。返済が厳しいからといって一度でも滞納をしてしまうとそれが信用情報機関にしっかりと記録されてしまいます。銀行などの金融機関はそういった滞納の情報には敏感に反応するので、滞納が一度でもあると審査に通ることはないでしょう。

 

多重債務の場合はおまとめローンの融資限度額も大切になります。債務の総額が500万円あるのに、おまとめローンの限度額が300万円でしたら、意味がありません。また、800万円の限度額のおまとめローンを申し込んでも申込者の属性の低さから300万円までしか融資ができないとされることもあるのです。こうなったら考えものですが、他の金融機関や貸金業者でも300万円が融資限度額になる可能性があります。それだと、借りるだけでもありがたいので、300万円でまとめられる債務を完済して残りの債務をおまとめローンを含めて返済していくのがベストでしょう。結局おまとめローンを利用するのに大事なのは返済額の総額です。利息も含めておまとめローンを利用する前と後では返済額の総額がいくらになるのかをしっかり把握するようにしましょう。

 

おまとめローンの場合はカードローンと違って、融資限度額に余裕ができてもキャッシングはできません。ですので返済する一方ですから、返済額が増えるといったことがないのもメリットと言えるでしょう。借金癖のある人にはつらいかもしれませんが、そういった脇の甘さが多重債務に陥った原因ですから、そこは我慢して返済に傾注していかなくてはいけません。

 

▲メニューに戻る

 

是が非でもおまとめローンにする必要性がある

銀行は多重債務者を嫌うということははっきりしています。正式な情報があるわけではないのですが、それでも債務が一件の人と債務が三件以上ある人では、属性が違うのははっきりとしているのです。信用といった面ではどうでしょうか。債務が三つもあるという人はそれだけ審査に通った人だから信用があるのでは?という意見もあります。しかし、その三件の債務が全て銀行からの融資だったらそれも言えるのですが、実際にはそういうことはないでしょう。一件が銀行からであっても他の二件は消費者金融会社のカードローンということが多いのです。

 

それでは、どうしておまとめローンが必要なのでしょうか。確かに多重債務を一本化するのは債務者にとってメリットは多いです。異なる返済日が一つのなるのですから、返済のしやすさは格別なものでしょう。月々の返済額もたいていは少なくなるはずです。
しかしそうとばかりは言えないこともあるのです。すべての多重債務が消費者金融会社のカードローンであった場合は、全てが金利が高いでしょう。そして、その場合は大手消費者金融会社のおまとめローンの審査も通らない可能性があります。また、一度でも滞納をしているとさらにおまとめローンを借りる可能性がしぼんでしまうのです。そうなるとどうしたらいいのかというと、さらに下流にある中小の消費者金融会社、あるいは街金などの零細消費者金融会社などからおまとめローンを借りることになります。もっとも街金では少額融資しか期待できませんから、中小消費者金融会社でおまとめローンに活用できる融資額を獲得するしかないのです。中小消費者金融会社のおまとめローンとなると数も限られてくるでしょう。審査はゆるめかもしれませんが、その分金利が高くなるのです。場合によってはそれまでの多重債務の返済総額よりも返済即額がおまとめローンのほうが多くなるかもしれません。そうなるとそこが判断のしどころとなるのですが、中小消費者金融会社のおまとめローンで多重債務が解消されるのでしたら、返済即額の大小に関わらず、そのおまとめローンを活用した邦画いいでしょう。理由は多重債務の一本化に尽きます。肝心なのは多重債務からの脱却です。そうなると多重債務者ではありませんから、何かあったときに銀行からの借入れもできるようになるでしょう。もっともそれまできちんと延滞無く返済していることが条件になるのは言うまでもありません。

 

おまとめローンを金融商品として売り出している消費者金融会社はそれほど多くはありません。ネットの口コミの情報を信用するのではなく、自分の目で公式サイトを確認したほうがいいでしょう。おまとめローンとなると返済負担が軽くなるばかりではありません。場合によっては多くなる場合もあるので注意したいところです。安定収入が融資の条件という消費者金融会社も多いので実際に電話して相談したほうがいいかもしれません。

 

▲メニューに戻る

 

おまとめローンはカードローンよりも借りやすい

おまとめローンはカードローンよりも借りやすいです。それはカードローンは限度額内であれば入出金を繰り返してもいいのですが、おまとめローンの場合はひたすら返済するのみだからです。だからこそ審査も緩めになって借りやすいということもあるのです。

 

消費者金融会社の金利は高いとされていますが、貸金業法によって金利の上限が決まっています。金融業者はそれを遵守しなくてはいけません。また、おまとめローンとなると返済計画再編の良い機会となります。多重債務で返済に窮して債務整理に陥らないための最善の策であることは間違いありません。人によっては債務整理を選択することもある状況が多重債務の行き着く先ですから、おまとめローンを選択できるかどうかというのは人生の岐路と言っても言い過ぎではありません。ネットの記事などの情報も加味しながら、おまとめローンを吟味しましょう。多重債務はカードローンだけではなくクレジットカードのキャッシングの債務も含まれています。貸金業者だけではなくクレジットカード会社などからの債務も含まれているということですね。借り入れは本人の自由ですが、いっぽうで借り入れできるほど信用が厚いという考えもあります。しかし、借り入れが多いほど審査基準は悪くなりますから、債務が多いのは不利となるということを覚えておきたいところです。

 

また、場合によってはおまとめローンで保証人を立てるように言われる場合があります。身内や知人で該当する人がいない場合は保証会社に依頼するようになるでしょう。また、借入額によっては消費者金融会社では総量規制にひっかかるのでは?という懸念を抱く人も『いると思います。一般的におまとめローンや借り換えローンは総量規制の対象外となっているのでその心配は無用と言ってもいいでしょう。借金総額を過少申告しても個人信用情報機関で把握できるので虚偽の申告をしないようにしましょう。融資の可能性を自分から摘むような真似をしてはいけません。おまとめローンの審査に通ると申込者と金融業者によって契約書が取り交わされます。これはカードローンでの契約と同じです。おまとめローンの場合は利用枠というのが融資額になります。

 

いずれにしても、おまとめローンにすると債務が一本ということになりますから、何かあったときに他のカードローンを利用することができるので、心の余裕というのが多重債務の時代とは全く違います。それがおまとめローンの大きなメリットであることは言うまでもありません。

 

▲メニューに戻る

更新履歴